1. 軽自動車ランキング【最新版】TOP
  2. 軽自動車Q&A
  3. 軽自動車の重量税・取得税について!税金の値上げはどうなるのか?

軽自動車の重量税・取得税について!税金の値上げはどうなるのか?

軽自動車の税金が値上がりするとか、しないとか?
こちらでは軽自動車の税金(重量税・取得税・消費税など)の値上げ情報についてご紹介しています。

軽自動車の重量税・取得税について

これまでも自動車の税金は高い、高いとされてきましたが、軽自動車は重量税も取得税も安くすみましたよね。
ところがTPPに関係し、政府は軽自動車の税金を値上げしようと動いているとされています。

まず、重量に応じて課税される重量税、購入するときにかかる取得税と消費税。

これらのうち、取得税が2014年消費税増税にあわせて廃止され、保有2税の増税を行うと総務省が検討しているということなんですね。

軽自動車の税金値上げはどうなる?

現段階では、10月をめどに具体策をまとめ、有識者検討会を設けて話し合いをするというのが今後の予定。

とはいえ、ここまで具体的な話があり、さらにはTPPも参加になるだろうという予想のもとでは、やはり軽自動車の税金も値上げになるのは、ほぼ確定と見ていいのかもしれません。

国民の意見としては、「もともとが高いのにこれ以上値上げしては車離れが加速する」「増税する前に公務員の人件費を下げるべき」といった厳しい声も聞かれます。

今後も納税者として、先行きを注視していかなければいけない問題ですね。

軽自動車税の値上げは決定されました

2013年12月11日自民・公明両党は2015年4月以降に買う新車の軽自動車(自家用四輪)を対象に、現行の7,200円の1.5倍となる10,800円に増税することで合意しました。

ただし、今の時点で保有している軽自動車については、年7,200円の軽自動車税で据え置かれます。

スポンサードリンク

関連コンテンツ一覧